ピコレーザー

ピコレーザーとは

ピコレーザーとはピコレーザーは、極めて短いパルス幅(照射時間が1兆分の1秒)のレーザーを利用した治療器で、主にシミ・そばかす・色素沈着などのメラニン色素を効果的に除去し、また肌のハリやツヤなど肌質を改善するために使用されます。
当院では、患者様のシミの症状や肌質、治療の目的に合わせて、通常のナノ秒レーザー(Qスイッチレーザー)や光治療(フォトフェイシャル)などを適切に組み合わせ、最適なシミ治療を提供しています。

ピコレーザー(エンライトンSR)
の特徴

①美肌治療に特化した
ピコレーザー治療器

ピコレーザー(エンライトンSR)の特徴通常、ピコレーザー治療器は主に刺青(タトゥー)除去のために設計されていますが、当院ではシミ・そばかす・美肌治療に焦点を当て、美肌に特に適した効果を発揮するよう、アジア人の肌質に合わせた微調整が可能な「エンライトンSR」(キュテラ社製)を採用しています。
この機器は、厚生労働省とアメリカFDAによって承認され、高い信頼性と安全性を備えた医療機器です。

②周りの組織を傷つけず、
シミだけを効果的に治療出来る

従来のQスイッチレーザーでは対処が難しかった微細な粒子も、ピコレーザーによって破壊され、黄色や青色など反応の難しい色素にも充分に対応できるようになりました。メラニンの微小な粒子はピコ秒という短いパルスで照射され、その後、体内に吸収されて消失します。短いパルスの照射により、熱の影響が少なく、痛み、赤み、点状出血が軽減されています。
これにより、小さな色素、しみ、くすみ、色素沈着、タトゥーなどの治療において、ほとんどダウンタイムがなく、通常のレーザーよりも約半分の回数での除去が可能です。

ピコレーザー(エンライトンSR)の
施術効果

  • くすみの改善
  • シミの改善
  • そばかすの改善
  • ハリ・弾力アップ
  • 毛穴の目立ち改善
  • 肌質改善

ピコレーザー(エンライトンSR)の
3つの照射方法

3つの照射方法

エンライトンSRは、特定のしみに対する通常のスポット照射だけでなく、お顔全体に照射することで広範囲なしみやくすみに対するトーンアップ、そしてレーザー光を微細に分割して肌質改善と若返り(リジュビネーション)を目指すための照射方法も可能です。
これらの照射方法は、「ピコトーニング」と呼ばれる広範囲照射、「ピコフラクショナル」と呼ばれる微細な分割照射として知られています。

ピコスポット ピコトーニング ピコフラクショナル
シミ・そばかす くすみ・薄ジミ 肌のハリ・ツヤ
メラニン色素除去 メラニン色素除去
肌質改善
総合的な肌質改善

①ピコスポット照射

しみやあざの存在する特定の部位に対して、一発ずつ照射していくのが通常の方法です。この手法では、Qスイッチレーザーと同じく、高い出力でメラニン顆粒を破壊することが主な目的です。また、ピコ秒レーザーには新しいアプローチとして「マルチパス照射法」があります。ピコ秒レーザーは衝撃波による破壊が主体であり、このため、一発ごとの周囲への熱損傷がQスイッチレーザーよりも少ない特徴があります。そのため、やや出力を抑えつつ繰り返し照射する「マルチパス」が可能になりました。この方法では、シミの濃さや厚さに合わせて照射の頻度を調整でき、出力を抑えることで炎症後の色素沈着(PIH)のリスクも低減できます。

この手法のメリットは、1回の施術での効果が高いことですが、膜状のかさぶたが形成されるため、約1~2週間の処置が必要です。

②ピコトーニング

1064nm波長の光を低出力でお顔全体に照射するのが、エンライトンSRの特徴です。この照射により、選択的なメラニンの破壊によるトーンアップ効果と、衝撃波による真皮上層の組織損傷の創傷治癒効果によるリジュビネーション効果を同時に得ることができます。ただし、主要な効果は色調の改善にあり、スポット照射と比較して低出力であるため、基本的にはうすいしみに適しています。

この手法のメリットとして、お顔全体に照射することで広範囲のしみに対応でき、かさぶたができないためダウンタイムがないことが挙げられます。また、PIH(炎症後色素沈着)にも有効です。

③ピコフラクショナル

エンライトンSRのハンドピースには、MLAと呼ばれる特殊なレンズを取り付けることができます。これにより、レーザー光が数百本に細分(フラクショナル)化され、ピークパワーが数倍に増幅されます。このフラクショナル化されたレーザー光を皮膚に照射すると、衝撃波によって表皮から真皮内に小さな空砲(プラズマボール)が多数形成され、部分的な組織破壊が引き起こされます。これにより、創傷治癒効果が発生し、皮膚の若返りが期待できます。
フラクショナル化されたレーザー光は色素選択性がほぼなくなるため、主に肌質改善を目的とします。ピコフラクショナルはこのフラクショナル化されたレーザー光をお顔全体に照射します。この照射方法では、出力を調整することが可能で、出力を上げてピークパワーを大きくすれば高い効果が期待できますが、その代わりに赤みや点状出血などのダウンタイムが生じる可能性があります。

④コンビネーション治療

エンライトンSRでは、「スポット照射」、「ピコトーニング」、「ピコフラクショナル(低出力)」といった治療方法を同日に組み合わせたコンビネーション治療が可能です。この組み合わせ治療を受けた場合、ピコトーニングとピコフラクショナルはほとんどダウンタイムがないため、かさぶたができるのはスポット照射が行われた部位のみです。

施術の流れ

Step1.カウンセリング

ピコレーザーを初めて受けられる方は問診票を記載していただきます。スタッフが患者様のお悩みやご希望を丁寧に伺います。医師による診察もございますので、不安なことやご不明点等あればお気軽にご相談ください。

Step2.洗顔

施術前に洗顔していただきます。ご自宅でクレンジング+洗顔をしていただき、スキンケアはせずにご来院いただくとスムーズです。

Step3.麻酔

麻酔の必要性は施術内容により異なります。痛みに対して不安な方は、クリーム麻酔を使用することも可能ですので当日スタッフとご相談ください。スポット照射やピコトーニングでは通常は必要ありません。ピコフラクショナルにおいては、低出力の場合の麻酔は不要ですが、中~高出力の場合はクリーム麻酔の使用がおすすめされます。

Step4.施術

対象の箇所にレーザー照射していきます。

Step5.アフターケア

照射レベルや必要に応じてクーリングいたします。その後、保湿と紫外線対策を行ってからお帰りいただきます。ご自宅でのアフターケアが必要な場合もございますので、当日スタッフが丁寧にご説明いたします。

目安の時間

スポット照射

数分

ピコトーニング・ピコフラクショナル

約15分~20分

リスク・副作用・注意事項

痛み [ピコスポット]
パチっとはじくような痛み。
[ピコトーニング・美肌ピコフラクショナル]
パチパチとした油がはねるような連続した痛み。
メイク・
術後ケア
[ピコスポット・美肌ピコフラクショナル]
スキンケアは施術後、メイクは翌日から可能。
[ピコトーニング]
施術直後から可能。
術後の経過 [ピコスポット]
処置後に赤み、ひりつきが出ることがあります。
照射直後から、2~3日でマイクロクラスト(ごく薄いかさぶた状のもの)になり、1~2週間で自然に剥がれ落ちます。
[ピコトーニング]
照射後に赤みが出ることがあります。
[美肌ピコフラクショナル]
出力によって赤みや点状出血などの赤みがでることがあります。
リスク・副作用 やけどや色素沈着のリスクがあるので日やけ止めを最低3ヵ月は使用し、日焼けしないように十分注意してください。
レーザー後色素沈着予防のために摩擦は避けて頂き、洗顔スキンケアの際は優しく行うよう心がけてください。
禁忌(お受けいただけない方) 妊娠中の方、またはその可能性のある方、日焼けをしている方、日焼けをする予定のある方 、
ロアキュタン(ニキビ治療薬)その他ビタミンA誘導体による治療中の方、
および治療終了後6ヵ月未満の、プロテーゼ、金属を挿入されている方。

費用

一番上に戻る
お電話でのお問い合わせ 000-000-0000000-000-0000 24時間WEB予約24時間WEB予約